自己紹介・プロフィール
名前 エルダ(血統書どおり)
家族の意見がまとまらなかった時に見た血統書の名、これがいいじゃんということになった
誕生日 1997年11月8日
兄弟は男の子一人。どこにいるのかな?
種類 ボーダーコリー
好きな物 近くのY公園、近くのvioletteのソフトクリーム、兄ちゃんが、作ってくれたニョロニョロ、物陰、そしてそして何よりもボール
得意技 ボール遊びの時の右、左の指示が分かる事。必ずボールを探し出すこと。毎朝の新聞運び&トイレットペーパーの芯を運んでゴミ箱に入れること。
家族 とうたん、かあたん、兄ちゃん、姉ちゃん
エルダの健康 股関節の事
経緯
 本当にしょっちゅう後ろ足、びっこ引いてた
JAHD

 友人が獣医院を開業したことがきっかけで・・
避妊手術 4歳8ヶ月にして避妊手術に踏み切ったエルダ。私の迷い言色々綴ってる。
アイチェック 04年8月行ってきました、アイチェック

なぜ兄ちゃんがボーダー・コリーもどきというのか???

       ボーダーもどきといわれるゆえん

 50cmのジャンプがやっと(それも後ろ足地面についてるしぃ)。
   TVやイベントで見るボーダーは皆ほとんどと言っていいほどホレボレするような華麗なジャンプを披露している。ボーダーとはそんなもんだと思っていた。 『抱っこ!』のコマンドを出すときも中腰でエルダに腕を出さねばならない。

       ・・・だから、ボーダーコリーもどきと兄ちゃんに言われる。

 体重13kg弱であってボーダーコリーのスタンダードの枠に満たない
   よく、『子犬ですか?』と聞かれる。オーストラリア系のボーダーはノーズもイギリス系ほど長くはない、と言われるがエルダのノーズは子犬に毛がはえたほどの長さで、本当にベイビーフェイス。体も、毛も私が想像していたゴージャスなボーダーからは程遠い。

         ・・・だから、ボーダーコリーもどきと兄ちゃんに言われる。

 おやつが交換条件でなければディスクに全く興味を示さない。
   これこそ、私たちがエルダの事で唯一後悔してる事。
   でも、エルダに責任があるわけじゃない。私たちのオモチャの与え方の順番が違っちゃったんだよね。小さい頃の写真を見るとディスクをくわえた写真もある。多分、その勢いでディスクをだ〜いすきにさせれば良かったんだ。ボーダーコリーはディスクが上手である?という常識から程遠い。


          ・・・だから、ボーダーコリーもどきと兄ちゃんに言われる。
(後述)ところがやってみるもんで4歳にしてディスクを根気よく教え始めたらなーんとちゃんと取れるじゃない。あー・・・ダメ犬なんかじゃなく、飼い主がダメ飼い主だったからなのだといたく反省。そりゃぁ、若い頃よりは時間かかるけれど、何歳になっても覚えてくれるエルダに感激!

 シープドッグトライアルでは羊を追いかけるとき思わず吠えてしまう。
   過去、2度のマザー牧場でのシープドッグトライアルでは2度とも羊を前にしてしまうとどうしても吠えてしまう。『もう、どうにも止まらない♪♪』状態になってしまう。マザー牧場の牧童さんには言われた。ボーダーは目で羊を追わねばならない、オーストラリアン ハンタウェイは吠えて追う。

           ・・・だから、ボーダーコリーもどきと兄ちゃんに言われる。

 でもでも、ここでエルダの名誉の為に一言。
   ハイジャンプが出来なくても日常に支障は全く無い。
   
小柄な方が抱っこもし易いし、何かと便利。
   
ディスクがダメならボールがあるさ。(かなりの負け惜しみが入ってる)
   
家ではほとんど吠えないいい子だもん。(マンション犬だしね)


おまけエルダのオリジナルグッズ

 我が家の兄ちゃんはミシンが扱える。エルダを飼おうというときも一番冷静でいた。『俺は面倒見ないから』
 しかし、そんな兄ちゃんはエルダのよき遊び相手だ。『面倒見るから、絶対に!』と言ってた姉ちゃんは今は自分のことに夢中でエルダのことを振り向きもしない。
この写真の小汚いものは? そう、兄ちゃんがエルダの為にミシンで作った通称『ニョロニョロ』だ。
 エルダはこのおもちゃが大のお気に入り。いつも家でくわえてきてはそこら辺で隠れてこのニョロニョロを投げてくれるのを待っている。
エルダの宝物。(フリース素材を袋状に縫って中にジーンズの切れ端を入れたもの。そこに意味も無く紐を巻きつけている。)


ちょっとぶきみなニョロニョロ

 これは姉ちゃんが小学校6年生の時に作ったエルダのクッション・・・今はあんまりエルダのこと振り返ってくれないけど・・・

 頭でっかちエルダですが 

 top page